仕掛け人は誰?

主催「大人の本気プロジェクト」とは?

世の中にかっこいい大人を増やしたい。
それが大人の本気プロジェクトの願いです。

そのためには、まず大人が本気で遊ぶこと。
人が本気で遊んでいるとき、その顔は輝いています。
そのあなたの顔を見た子供たちは、きっとこう思うはずです。
「僕も早く大人になりたい」

大人たちが本気で遊ぶと、子供たちは未来に希望を感じます。
つまり、それは、100年後の未来が変わるということです。

このイベントを主催させていただいく
私たち「大人の本気プロジェクト」は、その名の通り、
大人が本気で遊ぶ場を作りたいと2009年に発足しました。

第1弾は、大人が100名真夜中に集まって、
箱根駅伝を走るという「真夜中の箱根駅伝」プロジェクトをやりました。
タスキをつないでいく責任、その重み、醍醐味をわかちあいました。
また、同じく2009年第2弾としてビーチクリーン・プロジェクトを実行しました。600名の大人たちが千葉のビーチに突如集まるんです。そしてゴミを拾って浜をきれいにし、鮮やかに去っていくというものです(笑)
2010年9月19日にはその2回目が、再び九十九里浜で行われました。
このプロジェクトは、アサヒビールさんやBAY FM(ラジオ局)さんの後援をいただき、千葉県からの助成金もおり、応援していただきました。

そして、今回、大人の本気プロジェクト第3弾のテーマは、
東京の新しい遊び方を提案。
題して「ホンキの1日@TOKYO」です。

今回、このイベントの世界観を作りあげるのに、ベストセラー「3秒でハッピーになる名言セラピー」の著者であり、心理カウンセラーの資格をもつひすいこたろうさんを招き、シナリオプロデューサーとして全面的に協力いただきました。

ひすいさんが掲げた「ホンキの1日@TOKYO」のコンセプトになっているのが、「3次元book」という構想です。
いままで本をとおして学んでいたものを、平面ではなく、街の中で、
「時間」と「空間」と「仲間」という3つの「間」の中で、
自分と対話するというものです。
人生で大切なことを学ぶ手段に、本や映画、インターネット等がありますが、そこに、「みんなで街で遊びながら学ぶ」という新しいジャンルを確立しようと。

東京の知られざる魅力を掘り起こしながら、
場所に秘められた歴史、物語を、その場所で体感しながら
仲間とともに遊びながら学ぶのです。

それが「ホンキの1日@TOKYO」です。

私たちは、東京でまず仕掛けますが、
このアイデアをご自由に使っていただき
あなたの街でも行なっていただくような広がりがでてきたら
うれしいなと思ってるんです。

「ホンキの1日@KYOTO」
「ホンキの1日@FUKUOKA」
「ホンキの1日@NIIGATA」という感じで
地域の活性につながるイベントに育っていったらという願いもあります。

大人の本気プロジェクトというのは
大人がまず本気で遊ぼうというプロジェクトです。
そのための場を生み出していくことがミッションです。

「本気」
それはあなたの「本」当の「気」もち。
本当の気持ちで生きる時代が始まったのです。

鈴木勝己大人の本気プロジェクト 
鈴木勝己(スズキカツミ)

株式会社 ラストメッセージ代表取締役
大人の本気プロジェクト~大人の本気 応援します!~
たくさんの人に支えられながら、立ち上げ1年の『伝説のビーチクリーン919』
たくさんの後援団体さまをお迎えしました^^(伝説のホテル、いずみ市、一宮町、BAYFM、アサヒビール、他)
[パパ検定]ナイスパパ認定(オムツ交換、1,000枚突破now)
●インターネット http://www.otona-honki.com/


ひすいこたろうホンキの1日@TOKYOシナリオ・プロデユーサー
ひすいこたろう

コピーライター、作家、漢字セラピスト。 日本メンタルヘルス協会の衛藤信之氏から心理学を学び心理カウンセラー資格を取得。『3秒でハッピーになる名言セラピー』がディスカヴァーMESSAGE BOOK大賞で 特別賞を受賞しベストセラーに。その他共著に、『漢字幸せ読本』(KKベストセラーズ) 『シアワセの取説』(インフォトップ出版)『心にズドン!と響く運命の言葉』 (三笠書房) 『ココロの教科書』(大和書房)『人生が100倍楽しくなる名前セラピー』(毎日コミュニケーションズ)『ザ・バースデー 365の物語』(日本実業出版社)等がある。最新刊は『名言セラピー幕末スペシャル The Revolution』
●インターネットにて、『3秒でHappy? 名言セラピー』を無料配信中。
→ http://www.mag2.com/m/0000145862.html
●ひすいツイッタ―→ http://twitter.com/hisuikotarou